JK木造建築グループ JK木造建築グループ

お知らせ一覧

    • 2019.4.12
    • JK木造建築グループ
    • 大型連休に関するお知らせ

      JK木造建築グループ各社は、4月27日(土)より5月6日(月)まで暦通り休業となります。

      上記期間中の当サイトを通じた各グループ会社へのお問合せに関する回答は、5月7日以降となります。

      尚、前日のお問合せに関する回答につきましても、内容によっては5月7日以降となる場合が御座いますので、ご了承下さい。

    • 2019.2.14
    • JK木造建築グループ
    • 第48回店舗総合見本市「JAPAN SHOP 2019」に出展致します

      3月5日(火)から8日(金)の4日間、東京ビッグサイトにて開催される第48回店舗総合見本市「JAPAN SHOP 2019」(日本経済新聞社主催)へ出展致します。

      展示ブースは、床・壁・天井をCLTパネルで組み立てた木造躯体(面積33㎡)を展示します。

      木造にご興味ある事業者様は、木造の魅力を体感しに当グループのブースへお越し下さい。

      詳しくは、主催者ホームページをご覧下さい。

    • 2018.12.6
    • JK木造建築グループ
    • 非住宅木造建築の構造設計・施工がよくわかる 『木質構造設計・技術マニュアル vol.2』を配信開始

      ~ 非住宅木造の設計初心者~ベテランまで充実の内容で無料配信 ~

       

      JKホールディングス株式会社(本社:東京都江東区新木場1-7-22、代表取締役:青木慶一郎、以下 当社)は、グループ企業である「ジャパン建材」「秋田グルーラム」「キーテック」「物林」「宮盛」「銘林」で構成される『JK木造建築グループ』にて、非住宅木造建築の構造設計・施工がよくわかる「木質構造設計・技術マニュアル vol.2」を12月6日より、木造建築グループの専用ホームページに公開しました。

       

      ■ 背景

      当社『木造建築グループ』は木材利用促進法が2010年に施行される以前より、中大型木造建築物の構造設計、躯体のプレカット及びその建方工事に数多く関わらせて頂いております。そして、木材利用促進法が施行されると同時に建設業界全体に非住宅木造建築を幅広く知ってもらう為に『木質構造設計・技術マニュアル(初版)』を制作 ・発行し、お取引様などに配布させて頂いておりました。その後、幾つかの法改正なども施行された為、本年3月に第2版を発行致しました。
      近年は、非住宅木造建築の純増だけでなく、鋼材の価格高騰により、鉄骨からの計画変更も旺盛な為、非住宅木造建築の計画件数も着実に増加しています。
      このような背景を踏まえ『木質構造設計・技術マニュアル vol.2』を冊子で配布するよりもWEBにて配信する方がより多くの関係者様に読んでもらうことが可能となり、業界全体の知識の底上げ、非住宅木造建築の計画増加につながると同時に、CO2削減の一助になると判断したため、無料でのWEB配信を始めることと致しました。

       

      ■ 概要

      • マニュアル名称   『 木質構造設計・技術マニュアル vol.2 』
      • 配信ページURL   https://www.jk-teg.com/manual/
      • ページ数      110P(表紙等含む)
      • 配信開始         2018年12月6日
      • 制作          JKホールディングス株式会社 『木造建築グループ』
    • 2018.11.28
    • ジャパン建材
    • 冬期休業のお知らせ

      ジャパン建材の冬季休業をお知らせ致します。

      12月29日(土曜) ~ 1月6日(日曜)までお休みさせて頂きます。

      1月7日より通常営業致しますので、お問合せメールの返信はそれ以降順次対応させて頂きます。

      何卒宜しくお願い申し上げます。

    • 2018.9.28
    • ジャパン建材
    • 「JK木構造グループ」は名称変更致します

      JKホールディングス グループ会社6社(ジャパン建材、物林、キーテック、秋田グルーラム、宮盛、銘林)で構成している「JK木構造グループ」の名称を「JK木造建築グループ」に10月1日より変更致します。また、同時に「JK木構造グループ(http://www.jk-teg.com) 」のWEBサイトもリニューアル致します(https://www.jk-teg.com)。

      構成しているグループ会社や役割等に関しましては、これまで通りで変更は御座いません。

      今後とも「JK木造建築グループ」を宜しくお願い致します。

1